一番勝ちやすい博打とは

勝負以前に得体が知れないと感じる方にご提案

勝負以前に得体が知れないと感じる方にご提案

これから解説させて貰うオンラインカジノは賭け事です。
元々「ランドカジノ=店舗内で対面式博打」をコンピューターの進化、通信技術の進化が重なり、実現した手軽に遊べるコンピューターゲームの延長、と見て頂けると親しみが持てると思います。

実際に現金を賭けてプレーする事も可能ですが、現金を賭けなくては遊べないソフトは存在しません。
仮想チップにてプレーを無制限にすることが可能と成っているので、ゲームとして楽しんでいる方も一部存在しています。

特にそれでカジノが出禁にするとか、告発されるなんて事は絶対に有りません。
登録もメールアドレスだけの登録でプレー出来てしまいますので、まず気軽に楽しんで頂きたいです。
十分にプレーを楽しみ、有料プレーもと成りましたら、下の解説に改めて読み進めて頂ければと思います。

カジノボーナス

内容こそ違いが有りますが、各カジノではボーナスを提供してもらえる事が有ります。
パチンコ屋、競馬、競艇などの公営ギャンブルにボーナス制度なんてものは有りません。
この時点で勝ちやすいと思いませんか?
漠然としているので実際の情況を想定し説明させて貰います。

仮に100ドルの入金に対して200ドルのボーナスを提供して貰い、引き出し条件入金額とボーナスの合計額の18倍のプレーを付帯された場合を考えてみますと、入金額100ドルに対して200ドルのボーナスを貰っているので、300ドルの資金が手元に有る状況となります。
ノーボーナス、少額入金で遊んでいて思わぬ所で爆発し大金を手に出来る場合も有るのですが、資金が倍以上の状態ですとその確率も倍になります。
又不幸にして勝利を収められなくても、実際に入金してない金額も遊戯出来ているので、負けても傷口を小さく出来ている言えます。

このボーナスは、カジノ側でも表向きは顧客に楽しんでもらいプレーを継続してもらう事を目的にと言っていますが、実際は損失を覚悟しての大盤振る舞いをしているのです。
ボーナスを貰わないプレーでは200ドルの入金で1000ドルに資金をするのは大変ですが、ボーナスを貰ってプレーすれば簡単に1000ドル獲得する事も夢でも無いのです。
ボーナスを貰った時のプレー方法は色々有りますが、勝ちを収めやすいプレー方法に関しては色々試行錯誤をしていただき、各自のスタイルを確立して頂けると宜しいと思います。

煩わしい移動無しの即プレー

煩わしい移動無しの即プレー

パチンコにしても公営ギャンブルでも、その場に行かなくてはプレーが出来ません。
一部電話投票などのサービスが行われていますが、パチンコに関しては確実に店に行かなくてはプレー不可能です。
ましてや、ランドカジノとなると現在の日本の法律では禁止されているので、海外に行かなくてはプレーが出来ません。

その点、オンラインカジノは無店舗営業ですので、店がそもそも存在しませんから店に行く時間をプレー時間に充てる事が出来ます。
しかもカジノ営業は24時間営業ですので、思いついた時パソコンの電源を入れてさえしまえばプレーが出来ます。
自宅でしたら人の目を気にする必要は有りませんので、寝起き姿であっても、帰宅後のリフレッシュ時間でも好きな時に好きな状態でプレー可能です。

これこそが、ランドカジノが存在している諸外国ですらオンラインカジノプレーヤーが存在する理由の一つだと思います。

ジャックポットの累積が早い

通常のランドカジノでもジャックポットスロットは存在しますが、オンラインカジのでも同様に存在しています。
そのジャックポットの金額が溜まるのが世界中でゲームをさせる事が出来る為、累積する時間がとても速いので、ジャックポットによっては、数日で莫大な金額に成長してしまう時も有ります。
数日前に落ちてしまっても諦める必要なくジャックポットを狙う事が可能となってます。

控除率がとてもプレーヤーに有利

控除率がとてもプレーヤーに有利

ギャンブルと控除率は切っても切れない関係となってますが、それを意識してプレーしている人がどれほどいるでしょうか。
本来一番意識をしていなくてはならない所なのですが、ギャンブル開催者はオブラートに包んで判り難くしております。
これをプレーヤーが深く理解してしまうと、ギャンブルをプレーする気力が失われてしまうからと言ってもおかしくないでしょう。

日本の競馬で考えてみますと、主催者は賭け方によって20%から30%を控除して残りを支払いに充てています。
運営をしていくにはその程度の金額が必要なのではとお考えが有るかも知れません。
個人単位の賭け金で考えると確かに微々たる金額でしょうが、全体では莫大な金額を搾取されていると言えませんか?

こんな事は殆ど有りませんが、例を挙げるとするならば100円の投票で払い戻しは70円に成ってしまう事を意味しています。
長い期間に渡りプレーをすると、控除率に収束していくことが一般的に知られていますので、結果マイナスになっていく運命です。

オンラインカジノでも当然控除率は存在しています。
スロットゲームの種類によりますが、90%を切る事は殆どないと思われます。
更にライブカジノゲームに成ると、98%程度の控除率を目標にしている所が殆どだと思います。
この控除率でも十分に利益を上げカジノ運営をすることが出来ている事を考えますと、競馬など公営ギャンブルがどれだけ搾取しているか、プレーヤーにとって不利な条件での賭けを強いられているかが理解出来ると思います。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。