オンラインカジノとソフトウェアの関係性

オンラインカジノソフトウェア

「カジノゲーム」は「ソフトウェアの開発会社」によって生み出されています。そのため、オンラインカジノを始めようとする場合には、「カジノサイト」の選択と同様に「ゲーミングソフトウェア」を選ぶ必要があります。また、人気のある「ソフトウェア」は複数の「カジノサイト」に採用されていますから、その場合にはサイト運営業者の評判で選べばよいことになります。いずれにせよ、密接な関係にあることは間違いありません。

ネットエントの基本的な情報

ネットエント

「ネットエント」は1996年にオンラインカジノの「ゲーム開発」をスタートさせました。プログレッシブタイプジャックポットが有名であり、複数のカジノと連携することで驚愕の大当たりを実現させています。2014年には、「デジタルゲームイノベーション年間最優秀賞」が授与されました。これは「ネットエント」が優れた経営をしている証(あかし)ですから、大変名誉です。
つぎの項目で特徴について触れていきます。しっかりと学習してください。

ネットエントの特徴について

「ネットエント」はライバル会社と明確な違いを有しています。それは「ノーダウンロードタイプ」のゲーム開発をおこなっている点です。モバイル端末の機能が大幅に向上しており、対応した「ゲームソフト」は今後ますますニーズが増加することでしょう。以前は通信速度の問題があり、理想的な「ゲーム性の表現」が難しかったのです。しかし、現在では通信速度が飛躍的に向上しています。みなさんもご存じです。これにより、短時間で「膨大なデータ」を送ることが可能となりました。「ネットエント」が提供する「カジノゲーム」は想像以上に「美しいグラフィクス」を実現させています。もちろん、「サウンド性能」に不満を感じることはありません。お手軽にオンラインカジノを楽しみたいならば、「ネットエント」を選んでください。

ネットエントの信頼性

「ゲーム性」に優れていても、「信頼性」に問題があったのでは困ります。「ネットエントは大丈夫ですか?」。質問が寄せられました。さっそくお答えしましょう。「ネットエント」はストックホルムのナスダック市場に上場を果たしており、高い社会的信用を得ています。「信頼性」に問題があったのでは、業績がよくても株式の上場はできません。さまざまな審査をパスしているわけですから、「信頼できる会社」と考えてよいのではないでしょうか?さらに生み出される「カジノゲーム」に関しては、第三者機関による審査を何度も受けています。「カジノゲーム」の基礎とされるのが「乱数発生プログラム」です。「RNG」とよばれている「プログラム」を検査機関で審査していますから、「ネットエント」が生み出す「カジノゲーム」は信用できます。オンラインカジノはギャンブルですから、「信頼性」や「公平性」は大切です。ぜひ、しっかりと確認してから楽しむようにしたいものです。

プレイテックについて

プレイテック

「プレイテック」は比較的新しく創業されました。具体的には、北欧の「エストニア」で1999年の12月に創業しており、そこからわずか7年で、ロンドンの証券取引所にて株式の上場を果たしています。急成長の背景には「マーベル社」との提携が大きいとされており、キャラクターを利用したゲームの開発が「大当たり」したのです。ギャンブル業界最大の「ウィリアムヒル」とのライセンス契約を2009年に締結しており、これが「プレイテック」にとって躍進の原因となりました。「マーベルスロット」が世界中で好評を博したので、「ウィリアムヒル」「プレイテック」ともに売り上げを増加させることとなり、一気に業界トップクラスへとのし上がったのです。

プレイテックの不安

順風満帆(じゅんぷうまんぱん)に見える「プレイテック」ですが、一部の要因により不安を抱えているとされています。それは、「マーベル社」との提携解消であり、「プレイテック」としては意に沿わない背景があるのです。この点について掘り下げましょう。「マーベル社」は数年前に「ディズニー社」によって買収されています。その後、残っていた契約期間を消化して、2017年の3月に「マーベル社」との提携契約が完全に終了しました。もちろん、「プレイテック」としては提携を続けたいところではあるのですが、「ディズニー社」側からみれば、ギャンブル産業の一翼を担う(いちよくをになう)企業との提携に前向きであるはずがありません。結局、提携の継続はかなわず、「マーベルスロット」などの人気ゲーム配信をストップせざるを得なかったのです。非常に残念です…。

新たな提携について

現在では、「DCコミックス」との提携を進めております。こちらのキャラクターによるゲーム製作を急いでおり、とくに「ジャスティス・リーグ」とのコラボゲームに注目が集まっているのです。これからの「プレイテック」に期待しましょう。