オンラインカジノでの逮捕事件

オンライン、カジノ、この単語が並んだだけで、何となく違法行為に感じる方もいるのではないでしょうか。
結論をいえば、オンラインカジノでプレイすること自体は合法です。

しかし、その利用方法を間違えたり、意外なケースで違法とみなされることも少なくありません。
実際に、オンラインカジノの利用を間違えて逮捕された事件が過去に何件もありました。

今回、なぜオンラインカジノは合法なのか、なぜ違法とみなされ逮捕された事件が起きたのかという点についても触れながらお話ししていきます。

これを読めばきっと、オンラインカジノは付き合い方ひとつで合法にも違法にもなるということが分かるでしょう。
オンラインカジノが基本的に合法である理由からお話ししていきます。

オンラインカジノは基本的に合法

オンラインカジノは基本的に合法
オンラインカジノは基本的に合法です。

理由としては運営元が海外にあること、その運営元が自国でギャンブルのライセンスを取得して公認されていること、オンラインカジノの行為が日本国内での賭博行為に当たらないことが挙げられます。

運営元が海外にあるという点はオンラインカジノの合法性の最大の理由です。

例えば日本人が国外でカジノを楽しむのは違法ではありません。
もちろんその国がギャンブルを公認しているという前提が必要ですが、海外のカジノに行ったことで帰国した際に日本で逮捕されるということは皆無です。

同様にオンラインカジノは海外のサービスにアクセスしてカジノを楽しむという行為が国外へ行ってカジノで遊ぶ行為と同じとみなされます。
そのため逮捕されることがない、違法行為として事件になることはないということになります。

次に運営元が公認されているのも合法の理由です。
国によってはオンラインカジノ専用の営業許可ともいえるライセンス発行を行っています。

欧州のマルタ共和国などがよく知られており、多くのオンラインカジノがオンラインカジノの公認を行う、それらの国に拠点を置いています。
そして同地で審査を受けてライセンスを取得し運営を行っているのです。

また、その運営元の親会社も欧州などでブックメーカー(ギャンブルの一つ、スポーツの試合で勝つチームを予想し賭ける)を公認で運営している企業ということも多くあります。
それに本国の証券取引所に上場する、いわゆる上場企業というケースも珍しくないのです。

このように運営元が自国で公認されており、合法的な運営がなされているといっても過言ではありません。
さらに親会社も母国で一定の地位を築いているといったように、違法性の少ない組織が運営しているという点も多くの審査や人の目が入っているという理由で、合法的な行為と考えられるのではないでしょうか。

最後は、最初の理由に近いですが、あくまで海外のサーバーやサービスにアクセスしてカジノをプレイしているので、日本国内での賭博行為に当たらないということです。
日本国内の店舗でカジノゲームのマシンを設置し、現金の決済を行っていれば、当然違法です。

しかし、日本国内の店舗でもありませんし、ましてカジノゲームは日本に設置されていません。
加えて現金の決済(入出金申請)も現地で行っているとみなされるので、いずれも該当しない合法行為といえるのです。
こういった理由から合法とみなされ、日本国内でオンラインカジノの単独プレイによって逮捕された事件は起こっていません。

オンラインカジノで違法になって逮捕された事件

オンラインカジノで違法になって逮捕された事件
オンラインカジノで違法になって、逮捕された事件も実は多数あります。
しかし、これらの事件は先ほどの合法であるという理由をクリアしていなかったために起こった事件です。
なぜ逮捕されたかという理由は、完全に日本人向けサービスだったこと、オンラインカジノの端末を日本の実店舗に設置していたこと、現金の決済を日本で行ったことの3つを満たしていた点が挙げられます。

オンラインカジノのサービス自体は海外に拠点があるサービスです。
しかし、ユーザーが実質日本人だけだったため、日本のカジノサービスとみなされたことが逮捕の理由の1つ目です。

日本企業が運営する日本人向けの様々なオンラインサービスは、維持費の安さや安全性の観点から、海外にサーバーがあることも少なくありません。
同様に逮捕されたケースも、オンラインカジノのサービスがほぼ完全に日本人向けだったので逮捕の理由となりました。

オンラインカジノの端末が日本にあったことも違法とみなされています。
インカジと呼ばれるお店がそれに当たります。
これらのお店は店内にオンラインカジノがアクセスできる端末(しかもインターネットカフェのようにこちらから検索してアクセスするのではなく、すぐに遊べる状態にしてあった)が設置されていました。
これは店内にカジノゲームを設置するのと同じ行為にあたり、違法と判断されたのです。

最後が現金の決済を日本で行ったことです。
オンラインカジノは入出金が若干面倒なケースがあります。

その面倒な行為を代行し、店内でお金のやり取りをしたのです。
これは完全に日本での賭博行為であり、違法です。

こういったケースが現在も後を絶たず、2019年に繁華街のインカジが摘発され逮捕される事件が起こっています。

どうすれば合法的にオンラインカジノを楽しめるのか

つい最近も逮捕される事件が出ていることから、不安に感じる方も多いのではないでしょうか。
しかし、端的にいえばオンカジと呼ばれる店舗でオンラインカジノをしなければ良いというだけの話です。
つまり、自宅やスマホでメジャーなオンラインカジノを楽しんでいる分には違法にはなりません。
どうすれば合法的にオンラインカジノを楽しめるのか

インカジに行きプレイするのは避けましょう
プレイしたあなた自身も逮捕され、事件の容疑者としてメディアにさらされることになります。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。